アコースティックギター初心者向け入門講座

アコースティックギター > 新着記事 > 2ページ目

新着記事を順番に見る

  • 訪問インタビュー

    同価格帯ならウチが最強です:荒井貿易訪問インタビュー

    荒井貿易インタビュー「アコースティックギター編」では、エレキギター編と同じく企画課の瀬川哲矢さんと加藤久佳さんのお二人から、製品の特徴や魅力だけでなくブランドを持つ企業の業務内容、またメーカーとの関係など業界の深いお話を伺いました。

  • 訪問インタビュー

    《初心者から一流のプロフェッショナルまで》Morris訪問インタビュー

    求めやすい低価格帯から工芸品のような最高級品までの幅広いラインナップを誇り、たいへん多くのギタリストに愛されているブランド「モーリス」。今回マスタールシアーの森中巧さんとブランドを統括する株式会社モリダイラ楽器の鈴木剛さんにお話を伺いました。

  • 訪問インタビュー

    《カフェとギター》VINCENT訪問インタビュー

    2016年4月にオープンした「VINCENT(ヴィンセント)」は、クラフトマン小川浩司(おがわこうじ)氏が(株)ヤイリギターから独立して設立したギターショップです。「K.Yairi」のロゴを冠したアコギがラインナップするVINCENT、小川氏にお話を伺いました。

  • アコギのボディタイプとサイズについて

    アコースティックギターのボディは弦の振動を受け止め、増幅する働きをします。アコギにとってボディは「命」だと言っていいでしょう。今回はふつうサイズのギターにおける「ボディ形状とサイズ」に注目し、その特徴を追ってみます。

  • Ibanez(アイバニーズ)のアコギについて

    アイバニーズは歴史あるブランドですが、スタンダードなタイプや機能性を重視したタイプばかりでなく、歴史の中に埋もれつつある古いスタイルのもの(Artwood Vintage シリーズ)、また伝統的なスタイルにこだわらない斬新なもの(AFL シリーズ)までリリースしています。

  • アコースティックギターの種類と選び方

    ギターやってみたいんだけど、何を買えばいいのか、安くてもいいのか、などなどわからないという方もいることでしょう。今回はそんなあなたに向けて、「初めてアコギを買う人のための、ギターの種類と選び方」をご紹介します。

  • Fender(フェンダー)のアコギ徹底分析

    フェンダーのアコースティックギターは低音が膨らみすぎないよう整理されており、中高音の存在感がある明瞭なトーンを持っています。これはフェンダー・エレキギターのイメージである「シャキっとした音」をアコギの分野で発揮しているかのようです。

  • Gibson(ギブソン)のアコギ徹底分析

    ギブソンのアコギにはどのモデルにも共通して「ギブソンの音」があるといわれます。それは特に低音弦の鳴り方に現れ、低音が整理されたゴリゴリ感があり、パワフルなストロークプレイに特に良好。「ジャズバンドでリズムを打ち出すギター」として名を馳せたギブソンの到達点が、ココだったわけです。

  • Taylor(テイラー)ギターの構造的特徴

    ギターメーカーの売り文句に「熟練した職人による手作業」というものがありますが、テイラーの売りはその逆、「コンピュータ制御による高い加工精度」にあり、この点で高く評価されています。高い精度が求められる加工は最先端のマシンで自動化しています。

  • Ovation(オベーション)のアコギについて

    オベーション(Ovation)は元々はヘリコプター・メーカー子会社として誕生し、航空機の技術をギターに活かすという大胆な発想で制作していることで有名です。ヘリコプターの羽根に使っている「グラファイト」をギターに使用し、保守的なカントリー・ミュージシャンの間でも浸透、エレアコ業界を牽引するブランドです。

  • Taylor Guitars(テイラー・ギターズ)のアコギについて

    「テイラー・ギターズ(以下、テイラー)」は、カリフォルニア州エルカホンに拠点を置くアメリカのギターメーカーです。1974年設立と比較的歴史の浅いメーカーながら、今やマーチンやギブソンと並ぶ3大ギターブランドとして知られています。

  • 訪問インタビュー

    【寺田楽器訪問インタビュー】「提案するOEM」アコースティックギター編

    OEMはブランドを持つ企業からの注文によって製造するのが前提ですが、寺田楽器では細かな仕様などについてクライアントに提案することで、より追い込んだ設計の高品位なギターを作っているという事が分かりました。

  • タカミネのエレアコについて

    「タカミネといえば黒」というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、色々なバリエーションがあります。タカミネのギターは渋い色調が多く、シックで堅牢な印象を感じさせます。またさまざまなサイズのボディがあるので、弾きやすさやサウンドなどで選択する幅が広く取られています。

  • TAKAMINE(タカミネ)のギターについて

    タカミネ(TAKAMINE)は岐阜県中津川市にある日本を代表するアコースティックギター・メーカー。1979年に日本で最初の本格的なエレアコを発売、日本でのシェアを広げました。今やエレアコの代名詞ともいえるブランドで、今日でもエレアコの品質には定評があります。

  • K.Yairi(Kヤイリ)のラインナップ

    K.ヤイリのアコースティックギターのラインナップは多岐に及んでいます。型番も多いため全てを紹介するのはなかなか困難ですが、ここでは要点を絞りつつシリーズ毎に解説するなど、可能な限りまとめて紹介していきます。