アコースティックギター初心者向け入門講座

これだけはそろえよう – アコギを弾くのに必要なアイテム

アコースティックギターは自分の体さえあれば演奏をはじめることができるとても気軽な楽器です。ですが継続的に演奏しようと考えているのであれば、ギターケースやチューナー、カポなどは必要になってくるのではないでしょうか。このページではアコギを弾くのに必要な/あると便利なアイテムを紹介していきます。

アコ〜スティックギター用の弦

ギター弦

エレキギターと違い、アコースティックギターでは少し太い専用の弦を張ります。いろいろな種類(太さ&材質)がありますが、アコースティックギターではブロンズ弦を使用するのが一般的です。クラシックギターの場合は、温かい音色が特徴の「ナイロン弦」を張ります。

弦には「ゲージ」と呼ばれる太さを示す表記がされてあり、エクストラ・ライト/ライト/ミディアム/ヘヴィと種類分けされています。まずはライトを張ってみて様子を見てみるといいでしょう。
アコギ弦の種類、弦の張り方・交換方法

ギターケース

ギターケース

ギターを持ち運ぶ時にかかせない「ケース」は、ギターを買うとだいたい付属していますが、最近では色々な材質&形状のものが登場しています。アコースティックギターは繊細で衝撃に弱いので、基本的にはハード・ケースをお薦めします。非常に軽い素材でできたハード・ケースもありますので、自分の生活スタイルに合わせてケースも選んでください。

チューナー

チューナー

ギターの各弦の音程を読み取って正確に表示してくれる機械です。アコースティックギターの場合は電気を通さないので、エフェクター・タイプのチューナーは使えません。クリップ式チューナーなどコンパクトで使い勝手のよいモデルを用意しておくといいでしょう。

エレアコの場合はボディにチューナー機能を搭載しているモデルも存在します。

おすすめのクリップ式チューナー – エレキギター博士

ピック

ピック

ギターをストロークしたり、リード・プレイをする時にかかせないのが「ピック」です。形&材質などに様々なものがあります。最初は色や形が気に入ったもの、ミディアムくらいの柔らかすぎず硬すぎないものから試して、徐々に自分の「プレイ・スタイル」や「好みの音」に合わせて選んでいくと良いでしょう。

ギター・ピックについて – エレキギター博士

サム・ピック&フィンガー・ピック

サム・ピック

フィンガーピッキング(指弾き)用のピックです。使用する右手の各指にはめて使います。指で弦をはじくとどうしても音量が小さくなってしますが、サム・ピック&フィンガー・ピックを使用することで“ツブ立ちの良い”“大きな音”でのプレイが可能になります。

主にベース音を担当する「親指」のみにサム・ピックを使用してベース音を強調するケースが多いです。この時、ピックを付けていない他の指との音量のバランスには十分注意が必要です(慣れるまでは弾きにくいかもしれません)。

カポタスト

カポタスト

フレットに挟み込んで「セーハ」した状態にし、演奏している曲のキーを自在に変更することができるのがカポタスト(通称「カポ」)です。キーを変えてもコードの押さえ方を変える必要がなくなるため、主に弾き語りをする人が使用するアイテムです。

ゴム製の安価なものからネジ式、クリップ式、テコ式など様々なモデルが売られています。使い方はどれも同じですので気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

ニッパー

ニッパー

弦の交換時、ペグからはみ出た余分な弦を切り落とす時に必要なのがニッパーです。一つくらいは持っておきましょう。

ストリングス・ワインダー

ストリングス・ワインダー

弦の交換時にペグ(弦巻き)を素早く回せる道具です。ストリングス・ワインダーが無くてもペグを手で回せば良いので、どうしても必要というわけではありませんが、1度使うと非常に楽なので手放せなせなくなるでしょう。通称「アルトベンリ」と呼ばれています。

ギタークロス

ギタークロス

ギターのボディを拭くための布です。メガネ拭きと同じ素材のものなどが人気のようです。せっかく買ったギターですから、マメにクロスで拭いてあげましょう!

ポリッシュ

ポリッシュ

汚れを落として、塗装表面を保護するケア用品です。一部のラッカー塗装のギターやオールド・ギターには専用のポリッシュを使用してください。そうでないと塗装を傷めてしまう事もあります。 またツヤ消し塗装のギターには使用できませんので注意してください。

ストラップ

ストラップ

ライブやストリートなどで立ってギターを弾きたい人には必需品です。
色や材質、デザインも様々ですので、自分の好みとギターに合わせて選べば良いでしょう。

ギターストラップについて – エレキギター博士

スライドバー

スライドバー

「ボトル・ネック」とも呼ばれますが、弦の上をバーで滑らせるスライド・プレイをするためのアイテムです。材質もガラス、真鍮、ステンレス、木、せともの、など様々で、それぞれ音質も違います。形&長さ、厚みなども色々ありますが、最初はガラス製のものが軽くてよいでしょう。

アコギ用ピックアップ

アコギ用ピックアップ

「ピックアップ」とは簡単に言えば 『マイク』です。本来、音量の小さいアコースティックギターの音をライブの時などにアンプやスピーカーを通して大きく増幅するために使用します。エレ・アコではない普通のアコースティックギターのサウンド・ホールやブリッジ、サドル下などに後から付けられるタイプのものが主流です。 マグネチック・タイプ、ピエゾ・タイプ、コンデンサー・マイクを使用したもの、それらを組み合わせたものなど様々なタイプのピックアップが売られています。
アコギ用ピックアップについて

音叉

音叉

5弦のA(ラ)音を合わせるための金属の棒です。近年は見かけることが少なくなったアイテムですが、チューナーが手元にない場合に正しくチューニングできる道具ですので、1本は持っているといいでしょう。