アコースティックギター初心者向け入門講座

アコースティックギター > 新着記事 > 3ページ目

新着記事を順番に見る

  • 代表機種D-28に見るMartin(マーチン)ギターの特徴

    マーチンギターのモデル名は000-18やD-45のように二つの記号で構成されますが、これは「ボディ形状」-「スタイル」の組み合わせを表しています。「スタイル」はトップ/サイド/バックのマテリアルやロゼッタ(サウンドホールの装飾)などの組み合わせを記号化したものなので、一般的には「スペック」のことだと思って良いでしょう。

  • Martin(マーチン)のアコギについて

    マーチン(Martin、C.F.Martin & Co., Inc.)社は、アメリカのギターメーカー。アコースティック・ギターのトップ・ブランドとして知られており、ギブソン、ギルドと共にアコースティックギターの三大メーカーとされています。

  • 弾き語りスタイルの女性ギター/ボーカル

    Taylor Swift(テイラー・スウィフト) 1989年12月13日 生 米ペンシルベニア州ワイオミッシング 最年少でグラミー賞 最優秀アルバム賞を受賞したアメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手、シンガー・ソン […]

  • 屋外での弾き語りに最適なエレアコ用ギターアンプ

    静かな場所でアンプを通さないアンプラグド演奏で、音が聞こえるなら大丈夫ですが、駅前や街中の喧騒の中で弾き語りをする人ならギター・アンプは必需品。都会の街中で演奏したいストリートムージシャンにオススメのエレアコ・アンプ / ストリートライブで使えるアンプ等を紹介します。

  • Paul Simon(ポール・サイモン)

    ポール・サイモンは、アメリカのフォークデュオ「サイモン&ガーファンクル」のシンガー・ソングライターとしての肩書きだけでは語りつくせないほど貪欲に自身の音楽を創作しつづける真のアーティストの一人です。

  • Tom Waits(トム・ウェイツ)

    孤高の天才音楽詩人、シンガーソングライター。ギターだけでなくジャズを通過したピアノプレイにも精通し、場末のキャバレーや裏通りのバーにうごめく人間模様・夢や挫折をセンチメンタルに描き出すような作曲能力、なんといっても彼のあまりにも個性的なしゃがれた声に魅了された人も少なくないと思います。

  • Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)

    サーファー、映画監督、実業家、プロデューサー…そしてミュージシャン。様々な肩書きを持つハワイ州オアフ島出身のJack Johnson(ジャック・ジョンソン)の音楽は、一貫してサーフィンと寄り添っています。ほとんどアコギ一本引き語りのリラックスした音楽スタイルです。

  • Nick Drake(ニック・ドレイク)

    Nick Drake(ニック・ドレイク)はビルマ(現ミャンマー)生まれのイギリス人シンガーソングライター。60年代というロックが華々しい時代にデビューしましたが、彼の音楽は売れませんでした。繊細だった彼は自分の音楽が大衆に受け入れられないことに苦しみます。

  • YAMAHA(ヤマハ)のフォークギターについて

    YAMAHA(ヤマハ)のアコースティックギターは、戦後クラシックボディに鉄弦を貼った「ダイナミック・ギター」に始まり、1966年に発売された「FG-180」「FG-150」で現在のスタイルを確立。以来その歴史は現在まで脈々と受け継がれ、国内外の多くのプレーヤーが手にするギターブランドです。

  • Johnny Cash(ジョニー・キャッシュ)

    ジョニー・キャッシュは1950年代から活動したシンガーソングライター。生涯でヒットした曲数140曲以上、グラミー賞11回受賞、ロックの殿堂、ソングライターの殿堂、カントリーの殿堂にそれぞれ殿堂入りを果たしており、非常に多くのミュージシャンから支持されている、アメリカ・カントリー界の重鎮です。

  • Bob Dylan(ボブ・ディラン)

    Bob Dylan(ボブ・ディラン)は’60年代のフォーク・ロック音楽に多大な影響を与えたアメリカのシンガーソングライターです。吟遊詩人という形容がピッタリな彼の歌に込められた詩はメッセージ性や反骨精神に溢れ「世代の代弁者」と称えられることもあります。

  • Seagull(シーガル)のアコギについて

    シーガルは1980年代初頭に誕生した、カナダのケベック州東部の小さな村で作られているギター・メーカーです。シーガルのギターはトップ板に合板ではなく、贅沢な単板の材を使用しています。またラミネイトトップにより、弾き重ねて行くことでますます良いサウンドになっていくというすばらしい特徴を持っています。

  • Guild(ギルド)のアコギについて

    ギルドギターの創業は1952年、「マーチンでもギブソンでもない第3のギター」として人気を誇るアコースティックギターを多くリリースしている、アメリカ合衆国のギター・メーカーです。

  • Cole Clark(コールクラーク)のアコギについて

    Cole Clarkはオーストラリアのギターメーカー。ブンヤ、キング・ウィリアム・パイン、ブラックウッド等いままでギター製造過程で必要な木材に代わるものをギターの材に取り入れ、革新的なギターを作るブランドとして有名です。

  • ASTURIAS(アストリアス)のアコギについて

    ASTURIAS(アストリアス)は日本の九州・福岡県久留米市にある、クラシックギター・アコースティックギター・ウクレレを製造しているハンドメイドのギター工房です。1962年以来40年間クラシックギターを作り続けたノウハウを生かし、独自性の強いラインナップが揃っています。