アコースティックギター初心者向け入門講座

サウンドメッセ2017取材レポート!《アコースティック編》

KOALOHA

KOALOHAブース

軽やかで優しい「コアロハの音」が厚い支持を受けている「KOALOHA(コアロハ)」。ラインナップは「何年モデル」など、マイナーチェンジをほとんど行いません。定番機種「KSM-00(ソプラノ)」と「KCM-00(コンサート)」の圧倒的な人気は、もはや不動のものとなっています。ブースにはボディサイズや弦長などの違うさまざまなモデルが並べられており、それぞれの感触を確かめることができます。

Opioシリーズ

タイで生産される「Opio(オピオ)」シリーズは、主としてアカシア材を使用することで低価格化を実現した製品群です。ソプラノのロングネック、コンサートのロングネック、スプルーストップなどバリエーションが豊富です。昨年末に誕生した新シリーズですが、ロングネックモデルが人気だそうです。

ユニブレース

コアロハ最大の特徴となる「ユニブレース」。一枚板から切り出した「ロの字」型のブレーシングがトップ/サイド/バックを一体化させます。この構造は、Opioシリーズでも同様に採用されています。

NAUPAKA

昔から作られているという「NAUPAKA(ナウパカ)」は、コアとマンゴーを半分ずつ使用した個性的なトップが特徴。指板&ブリッジがローズウッドにリニューアルしました。

ピックガードを配したウクレレ

「1本しか作っていない」という、トップにピックガードを配したスペシャルモデル。コアロハの本社工場が現在引越中とのことで、しばらくはかなりマイペースな生産になっているのだとか。

KIWAYA/Famous/Zephyr

KIWAYAブース

KIWAYAブース2

ウクレレ入門機として最適な「FS-1G」や「FS-5G」で知られる「Famous(フェイマス)」と兄貴分の「KIWAYA(キワヤ)」、そして遊び心あふれる「Zephyr(ゼファー)」は、すべてキワヤ商会の取り扱うブランドで、ブランド立ち上げ当初は国内向けのFamous、輸出用のKIWAYAとして展開していたそうです。Famousのブースで「パイナップルウクレレフェア」が行われていますが、ヘッドに「F」一文字のものは総単板の高級機「Fシリーズ」です。

Zephyrウクレレ

Zephyrはとにかく可愛らしいルックスが特徴のブランドですが、Famousと同じ工場で作られており、Famous同様の本格的なサウンドを持っています。「遂に犬を超えた、空前の猫人気」と称される流行をしっかり捉えていますね。

KIWAYAウクレレ

かわいらしいFamousやZephyrと違って、KIWAYAには大人っぽい雰囲気が漂います。フレットがやや大きめ、エンドピン付属など、仕様にも特徴があります。コンサートサイズのみだったラインナップに、ソプラノとテナーが加わって隙のない布陣に。


以上、サウンドメッセ2017のアコースティックコーナーから、時間内に取材できたブースの模様を紹介しました。各社それぞれが持ち味を武器に、個性の光るラインナップを展開していましたね。何本も贅沢に弾き比べたり、新しい感触を体験したり、ファンにとってはこれ以上ないワクワク感で溢れる展示会でした。